福岡の裏風俗!花畑のちょんの間

裏風俗紀行福岡花畑のちょんの間

今回は福岡の裏風俗について調査してみました。

 

向かったのは昔から有名な花畑のちょんの間です。

 

こうして現地に行くのは初めてで、あらかじめネットなどで調べてみましたが有力な情報が得られずに現地に向かう事に。

 

ちょんの間というのは1956年の法改正まで赤線や青線エリアに出没する売春宿の事で本番行為をさせていた風俗店の事です。

 

相場は20分で8000円から1万円ぐらいで一発屋と同じぐらいの料金で間違いないです。

 

旅館の2階などの狭い一室で布団だけがひかれた場所に女性が入ってきてセックスをするだけですが本番までイケるので中高年世代に人気のあった裏風俗ですね。

 

 

 

福岡から光速道路を走ること40分で花畑に到着しました。

 

先ずは花畑駅を中心に歩いてみようと駅周辺を視察。

 

 

駅前から久留米方面に抜ける道に昔は遊郭ではなかったのか?と思うような建物(民家)などもポツポツあるエリアです。

 

道を歩けばチラシとかポンビキのバアバでもいるのでは?と探してみましたがポンビキのバアバすらいないので、もしかすると風営法改正や暴追法などで完全に消滅してしまったのかもしれません。

 

 

 

30分ほどちょんの間を探しましたが漕ぎ着けることができず、久留米まで戻って素人女性とのセックスを求めネトナンでリサーチ開始です。

 

久留米駅に戻る途中でJメールに投稿して待つこと20分。

 

割り切り希望の女性からレスが入ってきました。

 

『西鉄久留米駅の近くのピエトロでご飯を食べてます。良かったら、この後に会いませんか?』という内容でした。

 

彼女にLINEのIDを教えるとスグに直接メールが飛んできて彼女と会う事になりました。

 

 

駅前で彼女を拾い久留米インター近くの激安ラブホテルに入りました。

 

90分1900円のホテルでビーインアネックスっていう名前だったと思います。

 

で、彼女の条件はイチゴです。※15000円のことですね。

 

相当ピンチだったらしくイケメンか清潔で優しそうな男性なら会おうと思ったみたいです。

 

LINEで事前に写真を送っていたので待ち合わせ場所でドタキャンされる事もなかったです。

 

ホテルに入り缶ビールが飲みたくなりましたが、彼女だけ飲ませて僕はジュースで我慢。

 

 

少し会話を楽しみ狭い風呂場で一緒に体を流してセックス開始。

 

ワンポイントの刺青が入ってましたが気にせずにクリ攻め。

 

妙にフェラチオが上手いので「デリヘルで働いてるんやないとね?」と聞くと風俗はやったことがないそうです。

 

 

大好物のバックの姿勢にして気づかれないようにおまんこ写メをゲット!!

 

裏風俗の見物に来たんだ!と彼女に言うと興味深々でちょんの間なんか知らない21才です。

 

赤線とか青線の話をしてあげて売春の文化を教えてあげると怖くなったみたいです(笑)

 

実は俺が警察の人じゃないのか?と疑っているようでしたが、きっちり15000円をもらって帰っていきました。

 

利用している出会いアプリの詳細は次回記事します。

 

記事 豚骨らーめんまん


 

FUCKおかの更新記事一覧