小倉のデリ嬢は天使のような女子でした

小倉のデリ嬢は天使のような女子でした

最新記事一覧
福岡の素人セックス情報!若い娘とセックスしたい

 

 

 

地元小倉で天使のようなデリヘル嬢に出合いました。

 

私は離婚して3年目の39才です。

 

この三年間、彼女もセフレもできたことがありません。

 

なので月1のペースでデリ嬢を呼んで性欲をコントロールしています。

 

といってもデリ嬢は本番をさせてくれません。まあ、そこが不満といえば不満なんですが。

 

それでも、あんまり孤独で淋しい夜は、どうしても裸の女子と触れ合いたくなって、発作的にデリ嬢を自宅マンションに呼んじゃうんですね。

 

今回は馴染みの嬢がオフの日だったので、代わりの女子にきてもらいました。

 

ところがこの女子がとんでもない田舎女だったんです。

 

 

彼女は小太りで弱冠鼻が上を向いていました。なんとなくコブタをイメージしてしまう容姿です。

 

私ががっかりしているのを察知したのでしょう。

 

「チェンジしますか?」

 

嬢の方からそういってきました。

 

私はちょっとかわいそうになってしまい、チェンジはせずに彼女を今夜の相手に決めました。

 

結果的にそれが正解だったんです。

 

 

「お客さん、本番したいんでしょう?」

 

フェラをしている最中です。彼女は口からチンコを抜いてそう訊いてきました。

 

「どうして?」

 

「オチンオチンの根元がピクピク震えてる。フェラしていると、なんとなく本番したがってるのがわかるの?」

 

「でも、本番禁止なんだろう?」

 

「追加料金払える?」

 

私はうまずきました。

 

「いいよ。内緒でさせてあげる」

 

彼女はそういって私にまたがりマンコにチンコを挿入しました。

 

そうしたらなんということでしょう。彼女はものすごい名器の持ち主でした。チンコは極上の弾力に包まれ、揉まれてこすられました。

 

私は本当に久しぶりの女子のマンコの感触を堪能し、溜まりに溜まった精液を放出しました。

 

「追加料金いくら払えばいい?」

 

「いくらでもいい。どうせお店には内緒だから」

 

私は彼女の気持ちにほだされ、5000円を支払いました。

 

「今度、ひまなとき個人的に会ってくれる?」

 

彼女は照れたように微笑して、うなずいてくれました。

 

セフレになってくれないかな。

 

私の目にうつる彼女は、田舎娘からめっちゃエロい天使に変わっていました。

 

※写真は撮れなかったので違うデリヘルの画像です。

 

記事 めんたいまん(48歳)
元風俗誌のスタッフ。たまに福岡に来る風俗狂いの都会っこ。


 

FUCKおかの更新記事一覧

 

FUCKおかの人気記事